株式会社ニッショク,logo

css/uniq.css

ニッショクの取り組みNISSHOKU EFFORT

ホーム > ニッショクの取り組み

Checkチュラル&セーフティー

点,...
  • 「信頼と納得」をお届けする為に

    ニッショクでは、当社の商品を安心してご利用いただくために、当社の基本理念「命の尊厳を思い、顧客の信頼と納得の得られる商品の提供」に基づき、厳しい自社目標値を商品ごとに設けております。更にこれらの商品について、カルテ管理を行い、微生物(生菌数など)のチェックをはじめ、使用原材料の配合比率、栄養成分、製造工程、アレルゲン情報など常にお客様に提供できる管理を実践し、それを検証するために流通過程にある商品からサンプリングし、検査機関を通じて確認を行っております。こうした厳しい自社目標と検証体制により「信頼と納得」を確かなものにしております。

冷凍食品
協会基準
ニッショク
目標値
一般生菌数 水産冷凍食品
(加熱が必要な食品)
10万
以下/g
10万
以下/g
農産冷凍食品
(加熱が必要な食品)
10万
以下/g
10万
以下/g
大腸菌 陰性で
あること
陰性で
あること

Check質管理

点,... 品質管理

「安心・安全」をお届けする為に

ISO9001(品質)の認証を取得。ISOの基本である
P(プラン)- D(ドゥ)- C(チェック)- A(アクション)のサイクルをもとに
独自のチェックリストにより産地及び加工工場のチェックを
すべての工場について実施しております。
また、チェック後も定期的な訪問により品質の維持に努めております。
また、商品をご利用いただくお客様、喫食者の方々の声を聞き取り、
現状の品質に満足することなく改良を心がけ常に最良と思われる商品の管理を行っております。

Check生管理セミナー

点,... 衛生管理セミナー

衛生知識の徹底

食材の安全を確保する為には、商品の安全性を確保することはもとより、
商品をお届けする流通過程での安全確保も欠かすことが出来ません。
衛生知識は、その時々により常に最新の情報と知識を周知していく必要があるのです。
ニッショクでは納入業者の皆様が同じ情報と知識を共有し、
また、そのための手法についても共通の認識を持つべきと考えます。
従来の食中毒細菌から近年ではウィルスへとその対応の幅も広がり、
その対応は困難になってきております。
2007年度より年に2回の衛生管理セミナーを開催し、春には夏場の高温多湿な環境の中での衛生管理。
秋には冬場に備えたウィルス性の食中毒への対応など
タイムリーな情報をともに共有する機会を設け安心・安全に向けた努力を行っております。

トップに戻る

お問い合わせCONTACT